読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Too Close To See

大学生がブログを書いています。

人気ブロガーのブログを見て思うこと

f:id:nossan0905:20160614023127j:plain

こんにちは、nossanです。

 

最近、ブログで稼ぎ飯を食っていく「プロブロガー」なる人達のブログを読んでいました。

 

ブログで儲けるにはアフィリエイトや広告収入、有料メルマガなど色々な方法がありますが、それで食べていけるほどの収入を得られる人ってすごいですよね。

 

そんなブロガーさん達のブログを読んでいて思ったことを書いていきます。

 

まず、いいブログというものは有益な情報を提供できるブログだと思っています。

例えば僕が経験したことをブログに書けば、その記事を読んだ人までも経験を得ることができますよね。経験でなくともブログは様々な情報を伝達する手段になっています。

 

しかしながらブログが一瞬でオワコン(ダメなコンテンツの意)になる瞬間があります。それは、タイトルは人の気をひくが、内容がない記事が増えてきた時です。

 

プロブロガーのブログは多くのコンテンツがあるため、関連記事や読まれてる記事がサイドバーなどに表示され、非常にアクセスしやすくなっています。そのため、気をひくようなタイトルがあるとついクリックしちゃうんですよね。

しかし、いざ読んでみると大した中身じゃない。。。

だいたいネタ系の記事が多いのですが、タイトルにつられてクリックした分、損したような気分になります。時間の無駄だったじゃん、みたいな。

 

プロブロガーのブログはコンテンツの絶対数が多いので、コンテンツからコンテンツへと芋ずる式に見ていってしまって、どうしても大した中身でない、もしくは自分にとって有益でない記事に時間を浪費することになりがちです。

 

そのためブログを見るときは、自分が欲しい情報に絞って見ていくという姿勢が必要になります。コンテンツに溢れている時代にはとても重要なことです。Youtubeなんてブログより顕著ですよね。

例えば「お風呂に入浴剤100個入れてみた!」とか。気を引かれてクリックしますが、完全にオワコンですよね、PV稼ぐだけの。実際人気のYoutuberやプロブロガーはそういう気をひくのがうまいと思うんです。じゃないとそれで食っていけませんよね。

問題はそこで自分にとって有益か有益じゃないかを判断する力だと思うんです。

頭使って考えながらアクティブになれば、ネットは最高の情報ツールです。

しかし何も考えずパッシブな状態でネットをすると、そういった無益なコンテンツに時間を浪費するだけになっちゃいますね。

 

みなさんのプロブロガーのブログに対するイメージはどんなものなのか知りたいです。。。