Too Close To See

大学生がブログを書いています。

タバコを一ヶ月吸ってみて感じた事まとめ

f:id:nossan0905:20160524100622j:plain

 

こんにちは、nossanです。

 

実は僕、かなりタバコにはまってました。

 

今はもう吸っていないのですが。今って何かと禁煙だの分煙だの、タバコ税がどうだの副流煙がどうだのって問題になってますよね。

 

そんな時代にタバコを一ヶ月吸ってみて、感じた事をまとめてみました。

 

吸い始めたきっかけ

自分が吸い始めたきっかけは、単純に好奇心からでした(笑)

両親が吸っていたという影響もあるかもしれません。両親がタバコを吸わない人は、そうでない人に比べてタバコへの抵抗が大きいような気がしますね。

 

吸っていた銘柄

 

吸っていた銘柄はハイライト、ロングピース、ホープの三種の神器(って勝手に思ってるだけ)。わかる人にはわかりますが、どれもおっさんが吸うようなタバコですね。

どれもタール値が高く、若者が吸ってるのは見たことないですが、吸ってる時は健康のことを全く考えてなかったので気にしなかったです。

 

まあ健康のコト考えるならタバコ吸わないですよね(笑)

 

 

f:id:nossan0905:20160524101935j:plain

特にこのハイライトは自分が小さい時に母親が吸っていました。これを吸った時

すごい懐かしい匂いがして、それがタバコにハマるきっかけになっちゃいました。

 

日本の喫煙事情

 

普段タバコ吸わないとわからないけど、喫煙者になってみると気がつくこと、たくさんありました。ご紹介していきます。

 

吸える場所がめっちゃ少ない

これはびっくりしました。こんなに少ないのか、と。

今の時代って本当に分煙が進んでいて、喫煙者と非喫煙者が交わるようなスペースってほとんどないように思えます。しかも喫煙所の数は思ったより少なくて、外だと吸いたい時に近くに喫煙所がないことがザラでした。

 

喫煙所の数も減ってるみたいです。僕の大学からもいくつか喫煙所がなくなりました。

分煙ならまだいいのですが、全面禁煙の店も増えてきました。喫煙者自体が減ってきているので、喫煙者に余計なコストをかけたくないのでしょうね。

 

喫煙者には辛いですが、世の中の流れは禁煙に向かっているようです。

 

喫煙者のマナーは、まだまだ悪い

こういう時代になってから、喫煙者が嫌煙者に叩かれるという構図をよく目にします。

 

jin115.com

 

モンスター嫌煙者という言葉もあるらしい(笑)

確かに、タバコ吸っているというだけでその人の人格まで否定する人っているような気がします。タバコ=悪、みたいな。それはいくら何でもかわいそうですよね。

 

しかしながら、喫煙者にはマナーが悪い人もいるというのも事実。

自分が吸うようになってから気づいたのですが、路上喫煙・歩きタバコの多いこと。

本当にマナーのかけらもないですよね。ちゃんと喫煙室や自分の家でタバコを楽しむ喫煙者もいる中で、こういうアホな喫煙者のせいで喫煙者のイメージが悪くなってるという現実があると思います。

 

もっと警察も厳しく取り締まるべきだと思いますが、マナーの悪い喫煙者がいる限り、嫌煙者がいても仕方ないですね。

 

タバコを辞めた理由

タバコを辞めた理由は単純に飽きたから。

 

一ヶ月くらいは本当にタバコにはまってました。いろんな銘柄吸ってどれが自分に合うかな〜とか意外に楽しかったりします。タバコオタクと言えるくらいタバコに熱中していたんです。だけどある日、煙が全く美味しく感じなくなったんです。それまで美味しかったはずなのに。それで吸おうという気持ちがなくなってしまいました。

 

でもタバコはニコチン中毒になって辞めれないんじゃないの?って思う人、いますよね。

 

僕はちゃんと吸っていた期間(1日10本ほど)が約一ヶ月と短かったのもあって、ニコチン中毒にはならずに済んだのかな、と思います。

また、煙を肺に入れる肺喫煙もしていたんですが、口腔喫煙(いわゆるふかし)で煙の香りを楽しむのがメインだったので、それもニコチン中毒にならなかった要因かと。

 

今のタバコの吸い方の主流って、タール値の低いタバコ(主にメンソール)を肺喫煙してニコチンを摂取するというものなんですよね。純粋に煙を楽しむ人ってほとんどいないんです。みんなニコチン中毒で、ニコチン摂取のためにタバコを吸っているんです。

 

そうではなく、煙を楽しむ嗜好品としてのタバコは、奥深いものがあると思います。

僕は一ヶ月で飽きたので分からなかったんですが笑

 

おわりに

今回は元喫煙者の立場からタバコについて書かせていただきました。

僕は嫌煙者じゃないので、少しでも公平な立場から批評できたのかな、と思っています。

なんかタバコを吸わない時代になってきてますよね。でもたまにタバコを吸って、流れゆく煙をボーッと眺めながら物思いにふけるのが、嫌いじゃなかったりします。男の美学ってやつ?(ダサいか笑)

でもそんなカルチャーとしてのタバコは残っていいと思います。

吸いたい人はマナー守って吸えばいいし、そうでない人は吸わなければいいんです。

それぞれが気持ち良く過ごせる社会が理想ですね。

 

おわり

 

 

 

 

頑張ってブログ更新してます!他の記事も是非!

 

nossan0905.hatenablog.com

nossan0905.hatenablog.com