Too Close To See

大学生がブログを書いています。

MacBook Pro Retina 13インチモデルが最強すぎる件

f:id:nossan0905:20160520112340j:plain

 

こんにちは、nossanです。

突然ですがみなさん、自分のPCって持ってますか?

 

この記事を見ている人はこれからMac買いたいけどどれにしていいかわからない!

もしくはPC持ってるけどMacが欲しい!あるいはMacが好きすぎて検索してたらたどり着いたというApple信者が多いのではないでしょうか。

 

僕は現在大学二年生ですが、大学入学の際、父親の勧めるがままに適当なノートPCを買って使っていました。

しかし今回、MacBook Pro Retina 13インチを買うことになった経緯を語っていきたいと思います。

 

 

 

 

 なぜ買い換えたのか?

 

先ほども言った通り、僕ノートPC持ってたんです。大学入るとPCくらいあったほうがいんじゃね〜と鼻クソをほじりながら適当なPCを父親にポチってもらいました。

そうして届いたノートPCがコチラ。

 

kakaku.com

ん〜、まぁこんなもんなんですかね。

実際大学生なんてWordで文章打ったり、ネットサーフィン軽くするくらいですし十分なんじゃないでしょうか。

十分ならなんで買い換えたの?となるわけですが、その理由の一つがコチラ。

 

なんか知らんけど不具合が多かった!

 

なんでなんですかね。Dellさんが悪いのか、僕の扱いが悪いのか、買って一年も経たないうちに原因不明の不具合が数多く起きました。

まずは、、、

 

BlueToothが飛ばない!

 

BlueToothのスピーカーをGETしたので早速接続を試みたのですが、なんと繋がらない。。。

何回やっても認識できず、スピーカーの不具合かと思いましたが、友達のPCには難なく接続できました。

地味な不具合ではありますが、音楽大好きマンの僕には辛い不具合でした。

 

致命的な不具合その2は、、、

 

自宅以外のwifiに繋がらない!

 

これは辛い!!!

大学でもスタバでもwifiが通っているので使おうと思ったら全然繋がらないんです。持ち運ぶためのノートPCなのですがこれじゃ全く意味なし。

自分の家だけはなぜか繋がるので、家にデスクトップPCのごとく鎮座することになりました。

 

そして不具合3つ目、

 

キーボードの「H」の押しが悪くなってしまった!

 

まだ一年も経ってないのに。

別に「H」をたくさん押したつもりはないのですが・・・

なんでですかねぇ、謎です。

 

・・・こんな感じで前のノートPCはボロボロだったわけです。そりゃあ買い換えたくもなりますよね。

でも、買い換えようと思った決定的理由がもう一つありました。

 

使いたいソフトがMacにしかなかったから。

 

僕はDTM(Desk Top Musicの略)がしたかったのですが、使いやすいと言われてるLogicというソフトがMac専用のモノだったんです。

 

僕はたまたまDTMでしたが、例えば動画編集のソフトや画像編集のソフトで使いやすいものがMacにはあるらしく、Youtuberやデザイン関係の人もPCはMacを使うことが多いようです。

 

長くなりましたがこんな感じでMacBook Pro Retina 13インチを買っちゃいました!

 

Macのすゝめ

 

f:id:nossan0905:20160519234112j:plain

ん〜、見てください、この高級感。

 

スマホで撮ってるし、自分に写真を撮る技術もないのでアレですが、伝わっていますでしょうか。前のPCと決定的に違うのは所有感ですね。

 

前まではPCはただのインターネットをするためのツールとしか認識していなかったのですが、Macは持ってるだけでテンションを上げてくれるんですね。Apple製品の洗練されたデザインがいかに人を惹きつけるかを実感します。

 

13インチ or 15インチ問題

 

また13インチと15インチで迷われてるかた、いると思います。(自分もそうでした)

持ち運びは断然13インチです。15インチは持ち運べないことはないですが、重たいし苦痛になるレベルだと思います。13は持ち運びにちょうどいいので良かったです。

 

しかしながらスペックはもちろん15インチのほうが良いです。まあその分値段も高いわけですが。ハイスペックなPCが欲しい、かつ予算が潤沢なかたは15インチでも良いのではないでしょうか。

 

ちなみに13インチでもネットはサクサクですし、DTMも問題なしです!僕はお金があんまりないのですが、安く変える方法がないか探した結果、整備済製品を買いました。

 

整備済製品という選択肢

 

整備済製品とは不具合で返品されたモノをAppleが修理し検査したのち、新品同様の製品をお得な価格で提供しているものです。保証も新品と同じように付いています。

どうせ買うなら安い方がよくね?ってことで整備済製品にしました!

本来僕のスペックのMacを買うには税込み186624円かかるはずのところを

整備済製品は158004円で買えました!

その差28620円。学生にはかなり大きいですね。

もちろんMacは使ってて不具合がないです。ぜひ安く買いましょう。

 

www.apple.com

 

Macの画面

 

f:id:nossan0905:20160519234128j:plain

 

f:id:nossan0905:20160519235543j:plain

 

Retinaディスプレイもキレイですね〜(絶対伝わってないけど)

下は大好きなSkrillexです。

写真ってキレイに撮るのなかなか難しいことに気がつきましたが、Retinaは最高ですね。これに慣れると普通の画質じゃ物足りなくなると思います。

 

おわりに

Macの魅力、伝わったでしょうか。僕にとってMacとの出会いは衝撃でした。僕は全くApple信者じゃなくて、みんな使ってるのが嫌という理由でスマホSONYXperiaにしてるくらいです。しかしMacの洗練されたデザイン、そして多くのWindows機より圧倒的に使いやすいトラックパッドは、使っていて満たされます。もちろんWindowsにしかできないことはありますが(ゲームなど)、パソコンにあまり詳しくない人であればあるほど、直感的に操作できるMacがオススメです。以上長くなりましたがMacレビューでした!